◆ダンス療育指導(発達障がいにはダンスが有効です)

「ダンス療育指導」というのをご存知ですか?

 

発達障がいが疑われたり、診断された子供たち。

子供に限らず成人した方にもダンス療育というのはとても効果的なんです。

 

これまでにもいろんなタイプの子供達や成人した方たちとダンスを通して関わり、

触れ合ってきました。

 

「不思議だな・・・」とか「何でこういう態度や言動を・・?」と思う人や子供たちともたくさん。

 

今は「発達障がい」という言葉や症状が認知され、以前よりずっと対応の仕方も幅広くなり、

ダンスを活かした療育指導も取り入れられ、その効果も大きく評価されつつあります。

 

DC,Flap では、その「ダンス療育指導員」の資格を取得し、個人や保護者の方と悩みも共有しながら

楽しく、前向きな生活へダンスを通してお手伝いさせて頂いています。

 

踊ることが好きになり、自信になることで気持ちも成長し、

学校生活や家庭生活、本人自身にも良い変化を持たせるものにもなり得ます。

 

ダンスはあらゆることに効果を発揮する、とてもポジティブで有効的なスポーツです。

 

DC,Flap でダンス、始めてみませんか?

 

 

*発達障がい支援施設などでのダンスレッスン、出張指導などもお受けしています。

 

気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

ダンス療育とは?

「発達障がい」と呼ばれる自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などをもつお子様が急増しているといわれていて、療育とはこのような子供たちに対して、社会的自立に向けて支援していくことを指しています。
DC,Flap では『ダンス療育指導』、ダンスを通じてコミュニケーション能力や認知能力・運動能力の面から社会生活を営むサポートをしていきたいと思っています。